ノーマルフォークをアップグレード

カテゴリー お客様カウンセリング, メンテナンス

雨模様で更に寒さを感じる、台湾から帰ってきて完全に風邪っぴきになっています。熱はかろうじて無さそうですが、咳&鼻水止まらね〜でございます。それでも、やること一杯でテンションだけは通常以上を保てているのでOK! この週末の日曜日は今シーズン最後となるスキルアップライディングスクールも控えているので、このテンションのまま乗り切りますよ〜
本日ご紹介するのが、Ninja650ノーマルフォークのアップグレードです。アップグレードと言っても車種やお客様の使用用途、予算によって内容は様々です。
そしてアップグレードと名付けたとおり、何か特別なことを施すよりノーマルフォークのウィークポイントを改善していくのが一番効率的で効果的です。今回はインナーチューブの表面コートをDLCにして、フリクションの軽減と表面硬度を確保。フォークとしてのベースアップを確保してから、車体姿勢を見直し、スプリングカラーでプリロード量の大幅な変更とフリーバルブ式なのでOHLINSオイルを使用して粘度調整で味付けしました。
オーナー様はサーキットでこのNinja650の性能を遥かに越えたところでライディングしちゃう方なので、今回のメニューをお薦めしました。特に激しい走りにはインナーチューブ表面硬度の確保はマストですから! サスペンションのアップグレードとか仕様変更と言うと、何か減衰特性をこねくりまわすイメージを持たれている方もいますが、一番はオーナーさんの乗り方に合う車体姿勢やスプリングレートに合わせ、ショック自体のベース性能を補強してあげることが、いいバイクの条件だと思います!

舟橋 潤


10years AnniversarySUSPENSION OVERHAUL サスペンションオーバーホールCARTRIDGE G sense カートリッジORIGINAL OHLINS G sense SPEC INSIDE / SETUP オリジナルオーリンズFork Adjusters for OHLINS フォークアジャスターSTROKE INDICATOR ストロークインジケーターSkillUP Riding School スキルアップライディングスクールスタッフ募集
© G sense Suspension Service