SUSPENSION OVERHAUL サスペンションオーバーホール

オーバーホールの目安

サスペンションもエンジンと同じく走行距離や使用方法により管理、メンテナンスを行うと、サスペンションの性能を維持、継続できます。もしメンテナンスを行わない状態で20,000km走行した場合、徐々に消耗、劣化するので慣れてしまい気がつかない事も多いのも事実です。オイル漏れやガス圧低下という致命的な症状が出る前にオーバーホールをお薦めします。

サスペンションが消耗すると以下のような不具合が発生してきます。

  • 1.減衰力が低下し、サスペンションの腰感が無くなる。
  • 2.ギャップや路面のうねりで収束性が悪くなり、マシンの安定性が悪化する。
  • 3.COMP,TENのアジャスト量が増加したり、イニシャル量が増える方向になってゆく。
  • 4.フリクションが増加し、サスペンションの動きが渋くなり、症状が進むとチャタリングなどが発生したりする。

  • したがって、具体的な問題が発生し易くなるだけではなく、サスセッティングが崩れてしまう。

フロントフォークOHリアショックOH

日常のメンテナンス

走行後に各部の清掃、目視確認、作動確認、OIL洩れチェック、インナーチューブ、リヤショックシャフトの傷をチェック。
特に雨の走行後は、水洗い&乾拭きにて入念に清掃。

定期的に行うメンテナンス

(1)フォークオイル交換

(2)前後サスのオーバーホール

フロントフォークOHシングルショックOHツインショックOH

SUSPENSION OVERHAUL サスペンションオーバーホールORIGINAL OHLINS G sense SPEC INSIDE / SETUP オリジナルオーリンズFork Adjusters for OHLINS フォークアジャスターSTROKE INDICATOR ストロークインジケーターSkillUP Riding School スキルアップライディングスクールサスセッティング講座
© G sense Suspension Service